みずほ銀行カードローン在籍確認

みずほ銀行カードローンの在籍確認は必須なの?

みずほ銀行のカードローン審査において、勤務先への在籍確認は必須となります。そして、在籍確認の電話は回避する方法は存在せず、銀行から借り入れを行う際、必ず在籍確認を受ける必要があります。

これは、契約者が虚偽の申し込み内容を記載していないかだけでなく、返済を行うため安定した収入を得ているかどうかを判断する基準となります。

そもそも、住宅ローンについても勤務先への在籍確認が行われるため、カードローン契約の在籍確認かどうかは判別することが出来ません。また、高額な融資をするのに対し、融資を行う側にとっては何処の誰かも分からない人に対することはハイリスクとなってしまいます。

在籍確認を回避することは出来ないものの、銀行法やその会社名の詐称行為に抵触しない範囲で、在籍確認の方法を考慮してもらうことは可能です。連絡は個人名で連絡して頂くといったことが、勤務先への不信感を与えないものと考えられています。

みずほ銀行の場合、在籍確認を行うのは保証会社であるオリエントコーポレーションとなっており、大手信販会社として信頼性が高いため、顧客情報に対する配慮が徹底されています。

みずほ銀行カードローンの在籍確認はどんな内容?

みずほ銀行カードローンの在籍確認は、どのように行われ、どんな内容が聞かれるのか気になると考えます。先ず、みずほ銀行自体が在籍確認を行うのではなく、保証会社であるオリエントコーポレーションが審査および勤務先への在籍確認を行います。

在籍確認については、契約者が勤務先で電話に出れる状態、または勤務しているということが確認出来れば終了です。また、契約者本人が電話に出た場合、本人確認を行い、在籍確認自体は終了となります。

一番気になるのは、勤務先にカードローンの契約とバレないかどうかですが、オリエントコーポレーションについては信販会社でも大手企業であり、自動車ローンも取り扱っているため、ローン審査ための在籍確認程度の認識となってしまいます。

本人以外が出ても、必要なことは勤務先の連絡先に記載した電話番号に虚偽が無いかどうかであり、電話だけで確認出来ない情報は給与明細や源泉徴収証などで確認するだけです。

みずほ銀行カードローンの在籍確認は本人不在でも大丈夫?

みずほ銀行のカードローンを申し込んだ場合、必ず勤務先への在籍確認が行われます。先ず、在籍確認については本人が不在である状態でも問題ありません。また、工場などの製造ラインで作業をされる方の場合、在籍確認の電話が本人に直接取次ぐことが難しいといったこともあります。

あくまで必要な情報は、契約申込者が契約書に記載した勤務先にいることを確認するのが重要であり、本人が応対するよりも他の社員が対応を行う方が信ぴょう性が高まります。

そして、心配なのは勤務先にカードローンの契約を行っていることを知られるのを気にしますが、みずほ銀行の場合、銀行名および担当者名を名乗ります。大手銀行から電話での連絡が直接勤務先へあるのは、不自然なことではありません。

そもそも、多くの方が銀行口座の開設やローン契約時に勤務先を記載しており、直接連絡が出来ない場合は勤務先に連絡するようになっています。

そのため、みずほ銀行のカードローンにおける、在籍確認は本人不在でも全く問題なく、他の社員に不信感を与える可能性が低いと言えます。

在籍確認の電話をするのはみずほ銀行?保証会社?

みずほ銀行のカードローンを申し込んだ際、在籍確認を行うのは保証会社です。みずほ銀行は、審査および保証業務を保証会社であるオリエントコーポレーションへ任せています。

そのため、みずほ銀行の窓口やWebから契約申し込みを行ったとしても、オリエントコーポレーションが実質的に与信情報の確認および融資限度額の査定を行います。

また、勤務先への在籍確認もオリエントコーポレーションが行うものの、個人名を名乗り、在籍状況を確認するため、電話応対者がカードローンの審査だとは認識することが出来ません。

もし、出張や外出で不在の際は、離席中であることが確認できれば問題無く、電話取次が可能な状態または契約者自身が電話応対となった場合は、氏名と住所の確認、生年月日といった確認が行われます。

オリエントコーポレーションについては、大手信販会社かつオリコカードといったクレジットカードを提供している優良企業です。そのため、在籍確認についても契約者に対する配慮がされており、心配する必要がありません。