みずほ銀行カードローンの自動融資サービス

みずほ銀行カードローンの自動融資サービスは『キャッシュカード兼用型』のみ

みずほ銀行のカードローンはカードローン専用カードによるカードローン専用型とみずほ銀行のキャッシュカードと一体型になったキャッシュカード兼用型の2種類があります。どちらを利用しても基本的な機能に変わりは無く、安心してカードローンを利用できます。

ところが、公共料金の引き落としなどで少しだけ残高が足りなかった際などに活用できる自動融資サービスを利用するにはみずほ銀行の普通預金口座と紐付いているキャッシュカード兼用型を利用する必要があります。

これはキャッシュカード兼用型はみずほ銀行の口座開設契約にカードローン機能を付加するという契約になっているため、口座の残高とカードローンを連携することが出来るためです。

カードローン専用型の場合、口座開設契約とは別立てになるため、利用している口座の残高状況とカードローン契約を連動させることが出来ず、自動融資サービスを受けることが出来ません。

みずほ銀行カードローンの自動貸越機能とは

みずほ銀行のカードローンで、キャッシュカード兼用型の場合、『自動貸越機能』というサービスを利用することが出来ます。このサービスについては、口座残高が不足した際、カードローンから貸越すなわち借り入れが自動で行われます。

実際には、銀行口座から現金を引き出す際に不足分が発生するとカードローンで補填するというものです。一見すると非常に便利なと思われがちですが、口座残高がマイナスになるといった事態を引き起こしていることになります。

銀行口座の残高が不足する場合、定期預金を行っているとそこから補填が行われるのが一般的ですが、カードローンから補填することは毎月口座残高が不足するといった事態になりかねません。

さらに、給与振込が行われる口座の場合、カードローンの返済が行われ、現金の引き出し時に自動貸越が行われるといった負の連鎖に気付かない危険性もあります。

便利なようで非常に危険性のあるサービスとなるため、『自動貸越機能』のないローン専用カードの方がおすすめです。

みずほ銀行カードローンのスイングサービスと呼ばれる「自動融資サービス」

みずほ銀行のカードローンには、スイングサービスと呼ばれる『自動融資サービス』を追加することが出来ます。

このサービスは、返済用口座として登録している口座残高が不足している状態で、公共料金やクレジットカードの返済があった場合、カードローンから自動で融資を行うサービスです。冠婚葬祭などで急な現金出費が続いた場合、口座残高が心配になります。

特に、公共料金よりもクレジットカードの返済や携帯料金の支払いが予想以上に多くなった月に自動融資が役立ちます。しかし、あくまで自動融資であり、口座残高が不足する場合、生活における支出の見直しが必要になります。

もし、預金は別口座管理で行っている場合は問題無いものの、メイン口座として利用されている場合、自動融資が行われるのは回避することがおすすめです。この延長線上が、借りては返すといった自転車操業状態となってしまい、返済不能といった事態になる可能性が生じます。

そのため、自動融資サービスを追加しない方が後々のメリットを感じることが出来ます。

みずほ銀行カードローンの「自動振替サービス」とは

みずほ銀行のカードローンには、『自動振替サービス』というものがあります。しかし、このサービスはカードローンにおいて、どのようなメリットがあるのかイマイチ分かり難いと考えます。

実は、このサービスはカードローンを返済する際に生じたお釣りを返済用口座へ振り込むといったサービスです。カードローンの返済は、基本的に毎月定額の返済なることや利息による切りの悪い借入額になってしまいます。

その結果、返済を行った際にお釣りが発生してしまうことになります。このお釣りについては、返金しなければならないため、みずほ銀行の場合は口座へ自動振替をしてくれます。

大手消費者金融の場合、払い過ぎた分の返金については、手続きを行う必要があり、手間が掛かってしまいます。しかし、『自動振替サービス』ならその手間を省くことが出来るといったメリットがあります。

特に、突発的な現金出費が生じた場合、またはコマめに少額を借入して返済される方には、非常に便利かつ無駄が発生しないものとなります。