みずほ銀行カードローンの審査は自営業でも通る?

みずほ銀行カードローンの審査は自営業でも通る?

自営業の方は、カードローンの契約が難しいと一般的に言われていますが、みずほ銀行の審査は自営業でも通過するのか気になる筈です。

そもそも、みずほ銀行のカードローンにおける申込条件については、年齢制限と一定の年収があること、そして保証会社の保証を受けられることのみとなっております。

自営業すなわち個人事業主への融資不可といった記載は無いため、申し込みを行い、与信情報に問題が無ければ審査は通過することとなります。

そもそも、自営業の場合、収益の安定性が重要となりますが、この点についてはサラリーマンも条件的には変わりなく、大手または中堅企業に勤務していても審査が通らないことがあります。

つまり、自営業でも安定した収入があり、他の金融機関から融資を受けていない場合、審査通過の確率はアップします。さらに、事業投資により、収益アップの期待が見込める場合といったプラス要素も重要となります。

自営業だからローン審査NGといった行為を銀行が行い続けた場合、大口顧客を失い、利息による収益が減ってしまいます。

自営業(個人事業主)が審査に通りにくい理由とは?

個人事業主貸審査に通りにくい理由としと、安定した収入が得られないと言うリスクが大きいということが1番に考えられると思います。私自身、フリーランスで仕事をしており、需要がある時期とない時期では、2倍程収入に差がある事もあります。

会社に勤めていれば、お給料は保証されていますが、個人事業主となると、事業を立ち上げてから一定の収入をずっと得られている事業主は少なく、赤字になり倒産してしまう事業も少なくありません。個人事業主は借金を背負うリスクも非常に高く、個人で収入も全く違います。

そのため経済力における社会的信用が安定しておらず、返済が滞り回収することができない可能性を金融会社も想定しているとおもい。

個人事業主に大金を融資してから回収できない不安もあるので、金融業者は可能性な限り、返済が滞るリスクを回避するため、審査の時点で厳しくなり通りにくいと言う結果が生まれてしまうのだと思います。

無職・失業中の人でも借り入れ可能なカードローンはあるの?

『無職・失業中の人でも借り入れ可能なカードローンはあるの?』という質問に対し、答えはNOと言うのが現実です。そのそも、多くの金融機関や消費者金融、そして信販会社のカードローン申し込み条件において、一定の収入があることや勤務していることがあります。

無職といっても、年金受給者については例外とはなり、これは一定に収入があるものと見做されるからです。しかし、無職=収入が無いとなるものの、失業中=失業保険を受給しているということで一定の収入があると思えます。

ですが、失業保険については、一時的な支給であり、勤務期間中に積み立てたものとなります。現在の日本社会において、無職や失業者が借り入れ可能なカードローンは無く、少なくともパートやアルバイト勤務かつ一定の勤務期間が必要となります。

無職や失業者へ融資を行ったとしても、最悪のい場合は、支払不能となり債務整理手続きとなる可能性が高いため、殆どの金融機関や消費者金融については融資を行わないのが現実です。